高額の借り入れが必要になるケースとは

企業が別の企業を買収したい時や、大きな事業を始めたい時、億単位の費用が必要になります。そんな時に、企業が所持している不動産を担保にしてお金を借りる、不動産担保ローンが有効です。

不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンは、借り入れの上限額が高くかつ金利が低いというメリットがあります。事業資金として何億円ものお金を借りたいという時、不動産担保ローンならば借りられます。

人気の事業資金調達方法ランキング

グラフ
no.1

不動産担保ローン

上限が高く金利が低いので損も少ないことから、大企業に人気の資金調達方法です。

no.2

キャッシング

少額をすぐに借りて運用したい時は、個人のクレジットカードを利用してキャッシングするのが便利です。

no.3

銀行からの融資

返済能力があるか審査してくれる銀行融資は、最も安心してお金を借りられます。

no.4

提携企業の援助

資金援助で貰ったお金は返済する必要が無いお金なので、援助は好まれます。

no.5

利益回収の代行

業者に債権を売り、利益を先取りすることもでき、これをするとより確実に利益を確保できます。

大きな事業を始める時にはローンを組んで資金を調達!

株式

不動産担保ローンの基礎知識

不動産担保ローンとはその名の通り、不動産を担保としてお金を融資してもらう借金の形態です。そもそも担保や金利というのは、もし借入側が借金を返済できなくなった時、金融業者側が損害を被るリスクを避けるために設定されます。つまり、無担保の融資は金利が高く、担保の価値が高いほど金利は安くなるという傾向があります。不動産は非常に高価な担保として機能するので、その分低金利で融資を受けられるという仕組みになっています。

グラフ

不動産担保ローンを利用する際の注意点

高額な借入ができる不動産担保ローンは、その分返しきれなくなるリスクのことも考えなければなりません。いくら金利が低いとはいえ、大量の融資を受けると利息自体はかなりの額です。それにもし不動産担保ローンで手に入れた資金を使用した事業で失敗してしまうと、返済がさらに苦しくなってしまいます。そしてこの時、不動産を担保に入れている訳ですから、返済し切れなくなると指定していた不動産を差し押さえられてしまうことになります。こうならないよう注意が必要です。

矢印

ローン会社の選び方

ローン会社を選ぶ時のポイントは、金利と上限金額です。まずは、自分が欲しい額を一括で融資してくれる金融業者を探し、ピックアップしましょう。そしてその中から、より金利の低い業者を選ぶのが手筋です。しかしここで、実際に払う金額は金利ではなくそれに基づいた利息だということに気をつけなければなりません。返済の仕方や返済期間の長さによっては、金利の高い方が低い業者より最終的に得な場合もあるので、利息を計算してローン会社を選んだ方が確実に得です。

[PR]
フラット35の審査基準を解説☆
金利が一定なのが魅力的☆

まずは相談をしてみよう

金融業者は問い合わせ窓口を設けているところが多いので、ローン会社の選択に迷ったり分からない点があれば、問い合わせして解決してから申し込むべきです。